漏電の原因を詳しく解説|住宅トラブルを回避しよう

電気トラブルの場合

工具

漏電等の電気修理にあたっては業者選定が重要です。特に急を要する事から、24時間対応の業者である事やアフターフォローがしっかりしている等がポイントとなります。また料金がしっかり提示できる業者である事が重要で、見積もりはきっちり確認しておく必要があります。

詳しく見る

業者選びは信頼性

女の人

漏電修理の場所がわかるかどうかによって作業日数は異なるため、前もって確認するための調査費を見積もる業者もいるほどです。見積を出してもらうときに信頼できる業者か確認し、納得できる業者に依頼することが一番といえるでしょう。

詳しく見る

電力の安全な使用法とは

作業員

日常生活を送る上で、実際に漏電が疑われる箇所を見つけた場合には、契約先の電力会社に連絡し、電気回りの点検をしてもらいます。その結果、電気配線や電気器具類等の修理が必要となった場合には、専門技術者に修理を依頼することになります。

詳しく見る

ややこしく手を出しづらい

電気系統

漏電の修理は調査費用を取る場合、業者によって誠実であるといわれるため、信頼できる業者の判断をしやすいです。素人にとってややこしい工事を行う事が少なくない為、業者に依頼することが多いといわれている理由といえるでしょう。

詳しく見る

家財や生命を守るため

工具

漏電が起こると、電気代が高くなる上に、感電や火災の可能性も生じてきます。しかし業者に修理を依頼すれば、適切に直してもらえます。業者は、電化製品やコンセント差込口など、場所を特定して修理するのです。さらにアースの設置など、感電や火災の防止対策も行ってもらえるので、信頼されています。

詳しく見る

ブレーカーが落ちる場合は

コンセント

雨が関係しているなら

雨が降っている時に限ってブレーカーが落ちるといった場合には、雨漏りが原因で漏電している可能性が考えられます。雨漏りは住宅に様々な悪影響を与えることになりますが、その一つとして漏電があるのです。通常は電気の配線は漏電しないように絶縁という処理がされています。これによって電気が漏れ出さないようになっているのですが、雨漏りによって電気の配線が濡れてしまうようなことがあると絶縁体の隙間に水が入り込んでしまって漏電してしまうことがあるのです。漏電が起きると感電の危険性があるのは勿論のこと、火災が発生する恐れもあります。漏電が起きると建物の金属部分が発熱するため、それが原因で火災が発生するケースも珍しくないのです。雨漏りによる漏電が疑われるといった場合に取るべき行動としては、雨漏りしている箇所を特定するということです。雨漏りしている箇所が特定出来れば自分で修理を行うことで漏電を防ぐことも出来ます。しかし、自分で雨漏りを修理出来ない可能性も十分に考えられます。水というのはどこから流れてくるのは特定するのが難しく、素人がどこで雨漏りしているのかを特定するのが困難な状況も少なくないのです。こういった場合は自分で修理するのを諦め、業者に依頼する必要があります。まずは電気工事会社に連絡をして漏電箇所の調査と修理を行う必要があります。しかし、それだけでは根本的な解決はしていませんのでその後は雨漏りの修繕も行うことが大切です。