漏電の原因を詳しく解説|住宅トラブルを回避しよう

業者選びは信頼性

女の人

前もって確認する事は多い

漏電が発生した場合、早急な対応が必要とされ、最たるものとして専門業者に修理を依頼することが大切といわれています。業者にすぐ連絡し、来てもらう事が必要とされていますが、この時に修理見積もりを提出してもらってください。特に漏電の場合には、場所を特定して依頼することで、素早い対応が必要といわれていますが、場所がわからない場合も少なくありません。そのため、業者によっては見積書は治す場所を特定する費用から算出し、提出して見つけてから再び見積もるといいます。なお、直す前に場所を見つける調査費用は、工事費用が上回った場合には割引されることも少なくありません。一般的に相場といわれている料金としては、1から3万円前後とされ、割引率や業者ごとの単価設定によって多少前後します。しかし、直す時間としては、場所を特定するだけで時間がかかる事も多い為、半日程度かかる事も少なくありません。時間をかけずにある程度場所を把握する方法としては、ブレーカーを一度落とし、全ての分電盤を切ってから、一か所ずつ確認する事です。大まかな場所を理解できたら、業者に場所をある程度伝えて確認してもらう事で、漏電修理に素早く入ってもらえる可能性が高くなるでしょう。見積書の金額は業者によって異なるため、前もって複数業者に提出してもらって比較することが必要といわれています。家族全員で比較してから、見積書の内容に満足できる業者に連絡し、漏電修理をしてもらうことが大切といえるでしょう。