漏電の原因を詳しく解説|住宅トラブルを回避しよう

家財や生命を守るため

工具

事故の防止対策も

電化製品が普及し、生活の必需品となっている現在では、漏電の防止対策が必要不可欠と言えます。漏電とは過剰に電気が流れてきて漏れる現象で、これは様々なトラブルの原因となります。まずは、余計な電気が流れてくるのですから、その分電気代が高くなります。そして漏電箇所では熱が高くなるので、触れることが危険になります。触れると火傷を負うことがありますし、ビリッと感電する可能性も少なくありません。さらにその熱によって発火し、火災になって家財や生命を失うこともあるのです。そのため家庭内での漏電に気付いた人の多くが、すぐに専門業者に修理を依頼しています。業者なら、漏電箇所や原因を特定した上での、的確な修理を施すからです。たとえば電化製品と電源コードとの接合部に問題がある場合は、そこを修理します。電源コードそのものの状態が悪くなっている場合は、交換によって修理をするのです。また漏電は、電化製品ではなくコンセント差込口に詰まった埃によって発生することもあります。その場合は業者は、もちろんコンセント差込口のメンテナンスをしますし、必要に応じて交換や新設もします。さらに、アースがない場合にはその取り付けも行います。アースとは、電気が漏れてきた場合にそれを大地へと誘導する機器です。修理時にこれを設置しておくと、万が一再度漏電を起こした場合の、感電や火災のリスクが低下するのです。このように、改善に加え防止もできるというメリットがあることから、業者による修理には高い需要があります。