漏電の原因を詳しく解説|住宅トラブルを回避しよう

電力の安全な使用法とは

作業員

電気回りの障害回避法とは

長く同じ家に住み続けると、電気配線や電気器具類等の住宅設備に施された絶縁処理の効果が薄れてしまうことから、徐々に漏電を引き起こす可能性が高くなります。また、家電製品やブレーカーを長く使い続けると、劣化による故障や障害が発生し易くなります。家電製品に関しては、何らかの障害が発生すると、必要以上に電力を消費し、ブレーカーが落ちたり、誤動作を引き起こしたりします。ブレーカーに関しては、何の前触れもなく落ちたり、落ちる頻度が高くなったりしたら、ブレーカー自体の故障を疑う必要があります。よって、このような状況に遭遇したら、早急に家電製品やブレーカーの修理を業者に依頼しなければなりません。その他にも、家電製品の使用法に問題があると、何らかの障害が発生してしまいます。具体的には、家電製品の電源プラグをコンセントに緩く差し込んでしまうと、その部分から漏電が起こり、最悪の場合、発火することもあります。つまり、誤った使い方をすると、製品寿命を縮めてしまうだけでなく、無駄な修理費用を費やしてしまいます。このように、家電製品の使い方次第では、漏電を未然に防ぐことは十分に可能ですが、基本的には、日常生活を送る上で、実際に漏電が疑われる箇所を見つけた場合には、契約先の電力会社に連絡し、電気回りの点検をしてもらいます。その結果、電気配線や電気器具類等の修理が必要となった場合には、専門技術者に修理を依頼することになります。